家庭をよくする会


by kateirinri-osaka
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2013年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

東淀川支部設立記念

 4月21日(日)
  東淀川支部設立記念 「式典・講演会・祝賀会」 が大阪市東淀川区
豊里郷土史料館、講演会は大阪市立豊里小学校に於いて、松尾賢八選抜
副参事を講師にお迎えして行われました。
 支部設立認可書、役員辞令交付(12名)されました。
平成20年10月、東淀川準々支部を発足、翌年8月に準支部となり故青山重明、晴美夫妻の倫理普及の努力により、平成23年9月より{おはよう倫理塾}も同史料館で開催されるようになりました。青山ご夫妻のPTA活動、地域活動が功を奏し、小学校の生涯学習の一環として「地域を良くするには親子の絆から」をテーマの講演。
  式典 41名  講演79名(未会員7名)の参加でした。
f0192621_7141877.jpg
f0192621_716586.jpg
f0192621_718254.jpg

f0192621_7332318.jpg

f0192621_7284969.jpg

[PR]
by kateirinri-osaka | 2013-04-28 07:34

青年学習会

4月20日(土曜日) 嶌本真人 研究員を迎え倫理会館でpm7:00より青年学習会が参加者5名で開かれました。
  講和 生命の不思議(サムシング・グレート) 村上和雄「生命の暗号」より
*生命は作ることが出来ない
サムシング・グレートとは「こういうものである」とはっきり断言できる存在でわない、大自然の偉大な力ともいえるが、ある人は神様、別の人は仏様というかもしれない、それは自由であ、ただ私たちの大もとは何か不思議な力が働いて私たちは生かされているという気持をわすれてわいけない。ノーベル賞学者が束になってかかつても一番単純な細胞1個の生命体である大腸菌一つをつくることはできないのである。大腸菌に比べたら天文学的数値の細胞からなる一人の人間というものを私たちはサムシング・グレートからそれだけすごい贈り物をいただいているのである。それを粗末にする、自殺などして自分の命を絶つなど本当にもったいことである。
私たちは親に感謝せよと言われる、しかし親にはその親がいてその先の親の親の元「生命の親」の存在があっても不思議でわない、そういう人間を超えた大きな存在によって生かされている事実をまず見つめることが大切でないかと、研究現場で遺伝子と付き合ううちに、少しずつわかってきたと村上先生は言われています。
これをもとに嶌本真人研究員は中学生時代の体験をとうして「親への感謝」の気持ちを語られました、。お世話する人5人も話を聞かせていただき感動いたしました。
f0192621_110731.jpg
f0192621_1112348.jpg
f0192621_11374.jpg




  
[PR]
by kateirinri-osaka | 2013-04-27 11:03

こども倫理塾

3月24日 会館テナントでこども倫理塾が開かれました。
今日のテーマはランチョンマツト作りです。
今月のお誕生日のこどもの紹介,プレゼントがあり其のあと小さいこは
大人にてつだつもらい色紙やマジックでおもいおもいの絵を描きコーチングしました。
みんなすばらしいマツトができました。
   参加人数  子供 16人 大人6人
f0192621_14234069.jpg
 
f0192621_14254023.jpg
f0192621_14274516.jpg
f0192621_14293874.jpg
f0192621_14312158.jpg

    
f0192621_14343523.jpg
f0192621_1435717.jpg

    お誕生日の3人
f0192621_14424493.jpg

[PR]
by kateirinri-osaka | 2013-04-02 14:44