家庭をよくする会


by kateirinri-osaka
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2010年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

今川支部セミナー報告書

テーマ:子供たちに伝えたいこと
開催場所:今川地域振興センター
開催日時:5月30日(日)13:30~15:00
動員目標: 25名
参加人数; 講師をお入れして、25名
講師:嶌本節子生活倫理相談士
自殺者や殺人が世界的にも多くなった日本、大阪ですが、心温まる話も結構あります。嶌本講師は姑さんに大事にしてもらったので、今また息子の嫁をわが娘のように接しられる。財布を拾って届けた高校生の話。バスの席を譲った小学生の話。等多くの例を挙げ、した人と、してもらった人の言葉と気持ちをわかりやすく説明して下さいました。感謝や愛を言葉や態度で、家族や地域やその日に出会った人に、表現し温かく接して、人の温かさを伝えていきましょう。年齢に関係なく温かい気持ちを次の世代に伝えましょう。と会場の皆さんに直接声をかけて、明るくお話をしていただきました。
[PR]
by kateirinri-osaka | 2010-05-31 11:11

平野宮町セミナー

日 時 5月23日 (10:00~11:30)
場 所 杭全神社 瑞鳳殿
講 師 荒木 迪夫
テーマ 家族の絆
明るい家庭を造り
家庭が中心で 家庭が人間生活の出発点
      家庭生活を大切で、夫婦仲良く(明朗、愛和、喜働)
      夫婦の関係が家庭左右する(子供の将来がかかつている)
      など、ご自身の体験をもとにお話されました。
雨の中、たくさんのご参加いただきありがとうございました。
    参加者  47名 (未会員 15名)目標40名
f0192621_17215475.jpg













f0192621_17301768.jpg

f0192621_1734455.jpg


f0192621_564729.jpg

[PR]
by kateirinri-osaka | 2010-05-25 17:38
5月22日(土)午後7時から8時

大阪倫理会館で青年学習会が行なわれました。講師は中村学研究員。この日は「万人幸福の栞を学ぶ」として、第1条 日々好日を万人幸福の栞に基づき、「朝起きの大切さ」「実践項目」を学びました。8名の参加者は、楽しそうに、熱心に、聴き入っておられました。
次回の青年学習会は、6月2日(水)午後7時から8時 大阪倫理会館、講師は中村学研究員です。

f0192621_16514718.jpg


f0192621_16522615.jpg



--------------------------------------------------------------------------------
[PR]
by kateirinri-osaka | 2010-05-25 16:52

平野南支部セミナー

5月23日(日)
場 所  平野区民ホール2F
講 師  中澤洋子生活倫理相談士
テーマ  楽しく日々を過ごしませんか?
参加人数 18名 (未会員4名)
朝の勉強の大切さを丁寧にわかりやすくお話され
また、健康について複式呼吸等歌を交えての楽しい講話
でした。
雨の中、中澤講師はじめ、この会にはじめて参加して下さった
未会員の方に心から感謝申し上げたいと思います。
有難うございました。
f0192621_711248.jpg

f0192621_7122456.jpg
f0192621_7131470.jpg
[PR]
by kateirinri-osaka | 2010-05-25 06:58

平野北セミナー

f0192621_14385856.jpg
日時 5月16日 (13:00~
場所 市民交流センター
講師 浅井和子生活倫理相談士
テーマ おだやかなこころで 過ごすには
 まず、ありがとうの心と笑顔からの出発がすべてである。
ありがとうは人間関係の基本。
人は身近な相手ほど粗末にしているといわれ、改めて自覚しました。
自分の誕生日には両親に感謝の心を傾けるのが先
笑顔は自律神経を向上させる。笑顔はすべてを制覇する。
人の運命は全て努力です。
    参加者  29名 (未会員 2名)
f0192621_1428361.jpg
f0192621_14445016.jpg

[PR]
by kateirinri-osaka | 2010-05-17 14:49

役職者テキスト研修

場所  倫理会館
日時  五月11日
場所  倫理会館
講師  金城えい子生涯局専任講師
ケーマ 【第七講】「喜働と天職」
1 労働でなく喜働でなければならぬ (P44)
  いやいや働く「労働」でなくよろこんで働く「喜働」
  目が覚めるとぱっと起きる。即行とは喜働である。
  喜働(無償)で働くと子供に良いようにあらわれる。
2 職業が天職になっているか (P34)
  役職も天職一生懸命やつた時考えもなかつた事が舞いこんでくる。
  親の働きは子の働きになる。人間は神から4つの使命を与えられている
  3つはその人に与えられた使命、4つ目は勇気を皆に与えた。
又講師の体験を話され(ナメクジ体験 ひっ込み婦人が新世頒布を仕事と思い
頒布しているうちにうつ病が治った)
倫理は止まると後退する、喜んでいまのことを、受け入れていきましょう。

f0192621_1437697.jpg
f0192621_14455769.jpg

[PR]
by kateirinri-osaka | 2010-05-13 14:46