家庭をよくする会


by kateirinri-osaka
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:青年倫理塾( 6 )

平成27年4月5日(日)大阪倫理会館に於いて、 
市原 みやこ講師をお迎えし、4月近畿エリア合同青年学習会が行われた。

テーマ 『そんな時こそ信じましょう』

勉強、仕事、恋愛、学校、職場での人間関係など、何をやってもうまくいかない。
そんな時こそ『必ずうまくいく』と信じることが大切。すべて心が先行し、心の通り、
周囲の状況が変わっていく、と学びました。

青年は二人ペアになり自己紹介をし、有意義な学習会でした。
f0192621_785786.jpg
f0192621_791145.jpg

[PR]
by kateirinri-osaka | 2015-04-05 23:07 | 青年倫理塾
3月1日(日)京都テルサにて 全国青年弁論大会 中日本予選(最終)が開催されました。
13:00 開演  進行役は大阪市青年部の小野明日香さん
オープニングは、東海エリアの「南中ソーラン」で勢いよく幕開け 
挨拶 審査員紹介 弁士紹介と進み、いよいよ弁論 微笑ましい応援合戦が繰り広げられる。
吉本瑠緒さんは、とても落ち着いて堂々として、時には野次にも笑顔を見せるなど、原稿を
自分の物にしているのが良かった。
最後に「日本の未来に貢献する為に弁護士を目指します」と宣言して終えました。
其のあとの8人もそれぞれに素晴らしい弁論をされ、誰が選ばれても納得できる気持ちで、
会場全体が一つになって聞き入った。
アトラクションは ラインダンス「歩いて帰ろう」
こども作文発表は「私の家族」または「私の友達」  大阪市からは小学4年生の岡田聖楽さんが出演
子供たちの無邪気な、お父さん・お母さん像に会場は爆笑、和やかムードになった処で
相馬紀子幹事が、「若いっていいですねえ、羨ましい、この若さで日本を創生して頂きたい」と結ばれた。
いよいよ清水篤次長による審査発表・・・キンチョウの一瞬 ・・・「4番 江崎好彦さん」
応援席は感激・感動の渦・・・・帰りの車中で、林 特別参事のビールで乾杯!!!
7月5日の東京行きを約して散会
[PR]
by kateirinri-osaka | 2015-03-01 19:54 | 青年倫理塾

青年学習会

平成27年2月20日(金)19:00~20:00  
大阪倫理会館に於いて、小池慎悟研究員をお迎えし、大阪府家庭倫理の会青年学習会が
行われた。 参加者は4名(男性1名、女性3名)。
7アクトを唱和し、学習に入る。      
雨を喜ぶ「天候気候の倫理」
健康を損なう原因には天候気候への嫌悪、不足、不満、恐れが大きいことも突き止められている。例えば皮膚が荒れる、顔のカサカサ、唇がひび割れる、夏のアセモ、冬のしもやけなどは、暑さ寒さを忌み嫌うことで起こる。
自然現象に対する接し方。「天候気候の倫理」として丸山敏雄は次のように解き明かした。
  一、「順応」すること
       暑さ寒さも、雨も風も雪も天来のものと受け止め天与のものとして喜んで和し
       逆らわずに対応していくこと。
  二、「畏敬」すること。
       人間業の及ばない、自然のスケールの大きさ、自然の懐の深さや広さに驚嘆
       するとともに、その働きに敬い畏れその偉大さをたたえること。
  三、「感謝」すること。
       戦々恐々と恐れるのではなく、穏やかな心で親しみの念を抱きつつ自然の
       もたらす恵みに感謝すること。

    と教わった。
f0192621_774444.jpg

f0192621_775816.jpg
f0192621_78935.jpg

[PR]
by kateirinri-osaka | 2015-02-20 22:01 | 青年倫理塾

青年学習塾

平成26年11月13日(木)19:00~20:00 大阪倫理会館に於いて、青年育成室研究員小池伸悟をお迎えし、青年学習会が行われた。 参加者3名。
講話は「良い習慣を身に着ける」の題で、ベンジャミン・フランクリンの生き方を例に ①即行の実践 ②一貫の倫理 ③短所矯正主義より長所伸展主義が人の器を広げる ことを話された。
f0192621_7483262.jpg
f0192621_7484042.jpg

[PR]
by kateirinri-osaka | 2014-11-13 22:47 | 青年倫理塾

西日本青年弁論大会予選

平成26年11月2日(日)10:00~16:00 大阪倫理会館に於いて、清水篤次長、嶌本 真人研究員、小池伸悟研究員がおいでになり、西日本青年弁論大会予選が行われた。
大阪市からは東 青空さん、平田 泰弘さんの2名、中河内からは粂あおいさん、合計大阪府から3名の青年弁士が出場した。
皆なかなか人前でしゃべることがなく、それぞれに抵抗感を持ちながらもがんばって書いてきた原稿を元気よく発表しました。内容を聞いているとよくここまで来た。よく自分の気持ちをまとめてくれた。よく声を出して発表してくれたと、それぞれの気持ちが伝わる熱い発表ばかりであった。
ほかにも近畿、北陸、東海、四国、中国、九州各地区からの弁士の発表もあり、12月14日に西日本代表が決まる。
どの人も素晴らしく輝いていた。
f0192621_7384962.jpg
f0192621_7385925.jpg
f0192621_739637.jpg

[PR]
by kateirinri-osaka | 2014-11-03 07:28 | 青年倫理塾

青年学習会(10月)

平成26年10月17日19:00~20:00    大阪倫理会館に於いて、青年育成室研究員  嶌本真人が来られ、青年学習会(10月)を開催。
参加者11名。
去年より参加者が増えてうれしい。
「履物をそろえると心も揃う」(藤本幸邦)
藤本氏は長野県の僧侶で、戦後住職の傍ら3人の戦災孤児を引き取り、養護施設を開設し、以来40年で400人以上の恵まれない子供達の養育をされた。アジア難民救援活動、カンボジアに小学校を建設など99歳で亡くなるまでボランティア活動を続けた。
藤本さんは「脚下照顧」即ち「自分の足元、行いを見よ」即ち「はきものをそろえると心もそろう」と分かり易く示し、教えられました。

教訓:生活習慣の大切さを知り、自分の生活を見直し、節度を守り節制に心がけましょう。
f0192621_5524521.jpg
f0192621_5531970.jpg
f0192621_5533285.jpg
f0192621_553429.jpg

[PR]
by kateirinri-osaka | 2014-10-27 05:57 | 青年倫理塾